くるぶしの色素沈着が発生する原因【まとめ】

 

くるぶしや膝の黒ずみの発生は摩擦や圧迫による色素沈着が原因でおこります。摩擦や圧迫による黒ずみは病気ではありませんが治りにくいものです。くるぶしにできた黒ずみは色素沈着が原因で肌の奥の真皮に発生したものですから改善するのに1か月位かかります。

 

普段何気なくしている行動でもくるぶしの黒ずみを作っていますから行動を改善すると色素沈着を防ぐ事ができます。くるぶしがこすれたり圧迫したりするとメラニンを発生して皮膚が黒くなります。メラニンが肌にできると黒っぽくなり摩擦黒皮症と呼ばれる症状がでます。

 

バレーボールや柔道、レスリングなどのくるぶしを酷使するスポーツは黒ずみが発生しやすくなるので予めプロテクターなどで保護すると予防できます。茶道や華道など長時間の正座も同様に黒ずみ発生の原因になります。

 

あぐらでくるぶしを長時間圧迫する事や立膝歩きなどでひざを圧迫すると発生の原因となりますから日常生活の中でも気を付ける事が大切です。摩擦や圧迫でできた色素沈着は日焼けの症状とは違いすぐに治るわけではありません。自分で治療するには刺激を与えない事が大切ですから入浴の時にも綿などの柔らかい素材で刺激しないように洗います。

 

予防対策と同時に専用ジェルなどを使いお手入れすると効果があります。美白効果や保湿効果が高く敏感肌の方でも安心して使えるようなジェルがおすすめです。ざらつきがあるときにはピーリング系ジェルの使用も効果があります。

 

古い角質を取り除き黒ずみを解消する事ができます。どちらも通販で購入する事ができるので便利です。送料無料サービスや返金補償、割引サービスなど様々な特典もついているので利用して試してみるとよいでしょう。

 

ジェルを使うと自分で治療が出来比較的安価で治療する事ができます。治りにくい時には皮膚科や美容整形でも治療をしてくれます。古い角質を薬剤で取り除くケミカルビーリングという方法です。古い角質が取り除かれると新陳代謝が活発になりつややかな新しい肌ができます。

 

肌のざらつきやくすみが改善されますが保険適用外なので治療費が高くなります。レーザー治療で治療する方法もありますがケミカルピーリングと同様保険適用外なので治療費がかかります。皮膚科などの医療機関ではハイドロキノンなどの強い外用薬を処方してくれます。メラニンの数を減らししみを薄くする効果があります。誤った使い方は肌に悪影響があるので医師の指示により使用します。

 

 

くるぶし色素沈着を治すクリームはこちら >>