くるぶしの色素沈着を治すための条件【まとめ】

 

くるぶしの黒ずみは、特に夏場のサンダルやミュールを履きこなしたい時などは、かなり気になるものです。くるぶしの色素沈着は、日頃の生活の中でなにげに起きている、摩擦によって起こります。雑巾がけをする時にも普通に膝をついていますし、床に座ったり立ったりするときも、無意識のうちに膝をついていることもあります。

 

衣類等でもぴったりフィットしたジーンズなどは、ひざが常に擦れた状態になります。くるぶしに限らず人間の皮膚というのは、過剰な摩擦等の刺激を受けると、メラノサイトが活性化して、肌を守るためのメラニンが大量に分泌します。くるぶしもそんなガード機能によって、色素沈着を起こしやすくなります。

 

色素沈着を改善していく条件として、皮膚をこれ以上摩擦しないこととともに、乾燥対策も必要になります。肌の色素沈着は摩擦とともに、皮膚が乾燥するのも引き金になるため、乾燥を改善するのは、とても大切な条件となります。毎日のバスタイムでも、ゴシゴシと力を入れて洗わないなどの注意も必要です。

 

体を洗うときには、手に泡を付けるか、柔らかいタオルを使いなでるように洗うといいです。そしてスキンケアには、クリームや化粧品での丁寧なスキンケアをしていくことです。お手入れの条件としては、ケアアイテムに具組まれる美容成分が高いことや、ホワイトニングも期待ができる成分であることです。

 

ロコシャインやラスターには、豊富な黒ずみを治すための成分が含まれています。加えて保湿効果も高いものがあるので、黒ずみと乾燥を改善していくためにもサポートとなります。そんな中でもヒアルロン酸は、大きな美容サポートとなる成分の一つです。

 

もともと水分を保つ力が高いのがヒアルロン酸の特徴でもあり、1gほどの量で6Lという大量の水分を抱えることが可能な成分になります。保水力が高いですから、皮膚の潤いをキープしてくれて、弾力のある肌を実現してくれます。色素沈着をした肌にも、こうした高い潤いが与えられることで、肌のターンオーバーは正常化されますから、明るい肌の色へと順調な生まれ変わりが促進されることになります。

 

セラミドの成分も、保湿やホワイトニング効果に長けている成分です。もともと人間の皮膚に存在する成分ですが、年齢とともに少なくなっていきます。ですが化粧品などによって肌に取り入れていくことができます。セラミドはメラニン色素合成を抑えてくれますし、シミやソバカスなどもできないようにさせるホワイトニング成分も高いです。

 

 

くるぶし色素沈着を治すクリームはこちら >>